眼精疲労を癒やすなら | 疲れている…そんな時には出張マッサージで癒やされましょう!
menu

眼精疲労を癒やすなら

洗顔をしている男性

パソコン作業が多いとめというのは非常に疲れるものになります。またスマホを良く触るひとというのはそれだけでブルーライトを大量に目に浴びせていることになります。
寝る前に目がかすむということを気にしないのはわかりますが、朝のうちから目がかすむようなことがあればそれは疲れ目のサインかもしれません。
そんな疲れ目を放置しておくのは非常に危険です。
眼病のもとですし、頭痛や首コリや肩コリを招く危険性があります。
そんな目の疲れを放置しておくのはだめなんです。

目というのは換えの効かない器官です。
だからこそ大切にしていかなければいけません。

眼精疲労原因はドライアイと言われています。
人間は3秒に一回程度まばたきをすると言われていますが、なにかに集中するとそれがおろそかになるのです。
読書の場合は6秒に一回とされますが、パソコンの画面を見ているときというのはなんと10秒以上瞬きをしないという結果が出ています。
つまり目を大切にするのならば、まずは瞬きをすることを意識付けなければいけません。

疲れ目のケアをするには、専門的な出張マッサージを利用しましょう。
もちろんサロンに行ってもいいですが、正直めっちゃ混んでます。
みんな目が痛いんでしょうねえ。
実際に私も出張マッサージを知るまで、毎回仕事終わりに1時間ほど待合室で待つようなところにいっていました。
しかし出張マッサージであれば待ち時間の間でも何か作業ができますから特に気にはなりません。
だからこそ出張マッサージをおすすめするのです。

疲れ目のケアというのは目のケアだけでなく、肩や首までケアが必要なものとなります。
そのために、眼精疲労を治療する出張マッサージというのは整体的なマッサージも提供してくれるものになります。
疲れ目の結果である肩こりや首コリを解消することで眼精疲労にアプローチしやすくするというものです。
眼精疲労を放置しておくことで吐き気やめまいが引き起こされることも確認されています。
自分の身体を大切にするのならばしっかりと目のケアも怠らないようにしましょう。